home    ※このイラストは作者のご好意でお借りしています。無断で使用しないでね※  


     ★★こちらはレオが我が家にやって来てからの2年間、大変だけど幸せなひとりごとです★★
      
ぼちぼちっとご報告して行こうと思っておりますのでよろしくね     
2001年〜2003年   2004年   2005年  2006年  2007年
  レオが我が家にやって来た。。♪
   5月のある日疲れて帰宅・・ドアを開けると、人なつこい笑顔でお出迎え・・・
   驚きと喜びで、そのときどんな顔をしていたか覚えていないけど、
   それまでの疲労感が吹き飛んだことは確か!!
   気が付くと抱きしめていた。。。。「はじめまして」m(_ _)m
   見知らぬ家と人・・・さぞ不安がいっぱいだったことでしょう「これからよろしくね」   
  やっぱり家が恋しい?
   悲しいくらい、おどおどとパパさんの後ばかりついて歩く。。。
   玄関の方に行けば、必死であとを追いかけ、イレに行けばトイレのドアの前でじっと待っている・・・
   車に行こうものなら全速力で猛ダッシュ!! 私とは目を合わせようともしない・・・
   初めての日は訳がわからず精一杯で愛想をくれたんでしょうね
   これからはここで私たちと暮らすのよ、どうして欲しい??(・_?)
  何も食べてくれない
   一緒に持ってきたドライフードは、まったく食べようとしない
   これはオススメっていうのを買ってきても見向きもしない
   牛乳が大好き!!パンとかケーキとか・・・でもそんな食生活は身体に毒
   前のお家ではどんなもの食べてたのかしらね
   まだ環境の変化に馴染めないからかしら??
   それにしても我が家に来てもう4日目、このままじゃ死んじゃうよ〜〜
   パパさんは呑気に「そのうち食べるよ。病院の先生も言ってたけど水だけで1週間大丈夫だって」
   そういう問題じゃないと思うよ、この先長いんだからね
   当然ながら、うんちの量も超少ないし、軟便ぎみ(う〜〜〜む)
 これなら行ける!!
   なんだか耳がくしゃいです
   パパさん気を遣って我が家に来る前に美容院に連れて行ったみたいだけど
   あまり上手じゃなかったみたいで、耳の中が大変なことになってました。
   知り合いのトリマーさんに相談したら「大変!外耳炎になってるよ」って・・
   耳掃除と歯磨きをしてくれて「一度、病院で診てもらった方がいいですよ」とさ
   耳から、す〜〜〜んごい物が出てきた !(*≧m≦)=3
   そのトリマーさんに食事のことを相談したら
   鶏肉と野菜を煮てあげてみてはどうかと言われ早速実行
   喜んで食べてくれた\\( ⌒▽⌒ )// バンザーイ〜〜
   でも、毎回毎食これでいいのか??良いわけないよねえ
  病院へ
   耳を診てもらいに病院へ・・・
   トリマーさんの言ったとおり外耳炎になっていた
   処置をしてもらい、お掃除用のお薬とお掃除の仕方を教えてもらい帰宅
   夜、早速挑戦
   本当に耳の中に垂らしていいのか??
   どのくらい奥までグリグリやっていいものか
   パパさん、あなたはずーっと犬を飼っていたのに知らないの??
   子育ては母の努め、頑張るぞ〜〜〜
   1週間ほどして、再度病院へ
   すっかり治っていると言われて、ちょい鼻高(*^3^)/〜☆
  ママもレオの家族になれたかな?
   とっても短い距離だったけど、私だけのリードでお散歩!!
   何度も振り返りながら、いつもの5分の1にも満たない距離を
   ふたりだけで歩いた。。。食事にブラッシング・耳掃除・・などなど
   ブラッシングをいやがる様子もなく、徐々に私の存在を認めてくれて
   いつしかブラシを見せただけで、お腹を見せるまでに・・\(^。^)/
   やっと私もレオの家族と認めてくれたのかしら??    
  甘やかしすぎたかしら?
   お散歩のたびにウンチの固さや色・量で一喜一憂・・・
   ドライフードも食べさせてあげないと栄養のバランスが心配なので
   いろいろ勉強して、やっと喜んで食べてくれるものを見つけた。。。
   と言ってもお肉やお魚を混ぜたり牛乳をかけてあげないと食べない
   皮膚病も心配なので「ニュートロ」のフードで統一?
   食べてくれることが嬉しくて・・でも量がわからない・・で最近太った??
   いつかは、ドライフードだけでも食べるようになるかしら?
   それともダイエットフードに切り替えるべき??  (-_-;)
  すっご〜〜〜〜い!!
   こんな偶然って・・・
   愛犬手帳を見てビックリ「うそ〜〜っ!」まるで宝くじに当たったかの
   狂喜乱舞する私を不思議そうに見ている。
   レオにはわからないだろうけどね【誕生日が私と一緒】だったの\(^0^)/
   すごいと思わない!?
   パパさんから6月生まれだって聞いてたけど、
   それは、日本に来て登録した日!!生まれたのは3月(ぶふふふ^〜^)
   そんなに喜ぶことじゃないか・・・・でも何か嬉しいよね
   来年の誕生日、どこか旅行でも行って一緒にお祝いしようね
   今から楽しみ〜〜
  なぜ? どうして??
   つらい思いをさせてごめんね (-_-;)
   下痢が続き、鼻をならしながら私のそばから離れない・・
   絶対まずいだろう薬を私の気持ちが通じたのか一生懸命飲んでくれた。
   まさか、ゆでた鶏肉が原因だったなんて・・・
   鶏肉は低脂肪で高たんぱく、喜んで食べてくれるし安心してたのに・・・ 
   結局何が原因だったか??わ・だ・く・じ・が悪がっだのでじだ〜〜あ''
   可愛さゆえに・・・食べさせすぎたのが原因だと・・・(深く反省)  
   鶏はささみに、牛肉や豚肉もしっかり油抜きしたものをあげることにしました
   受難の季節?
   一度は落とした体重が何故か鰻登り・・34.8kg!
   2.5kg増加! 信じられない・・・心を鬼にしてダイエットだわ
   レオたん頑張るのよ・・4月〜5月にかけてはレオにとって受難の季節
   ワクチン&狂犬病と2回もお注射が・・しかもインターンみたいな女の子
   「採血しますね」優しい声で血管が探せない「うっ」もしかして、
   私怖い顔でにらんじゃったかしら・・新米さんごめんなさい (`ヘ´)(`ヘ´)  
   思わず赤面!!
   いつもの公園で以前2度程会った事のある8歳のゴールデン♂が
   ある朝リードをつけずに遊んでいた。レオを見つけるなり飛んできて
   「鼻でご挨拶」と思いきや突然うなり声と共に飛びついてきた!!
   とっさに「駄目でしょ!」と言うやいなや相手の顔面を、ピシャリッ・・!?
   飼い主が飛んできて、リードをつけ,事なきを得た。
   少しおしゃべりをして別れたあと「私ったら人の犬を殴っちゃった!」
   と思ったとたん赤面・・・遅かりし・・・ごめんなさい
   でもそのあとその公園に行こうとしない・・「やっぱり怖かったのかな」
   でも、大型犬の♂には、なぜか威嚇されてしまう。
   もしかして犬社会では弱虫なのかしら・・・守ってあげなきゃ(?_?)  
   みらくる??
   私が物心つくころの大昔(笑)から動物が大っ嫌いの母
   犬や猫に触ることも出来ないのに子供や孫達は全員犬好き・・・
   家族一同に揃う時などは当然の事ながら、とても嫌そうに離れて見ている
   私とレオが顔を近づけようものなら「汚いよ!!」と眉間にシワをよせる。
   レオが近づくと怖がっていたのに・・・
   そんな母が、レオにだけ見せる優しい笑顔(驚き!)
   しかも顔を近づけ撫でながら「おばあちゃんだよ」「お腹空いてない?」
   「よしよしねんねだよ」とか、まるで孫に接しているかのようにお話をしている。
   レオのおっとりとした性格や動作、人なつこい笑顔に勝てる人はいないよね
   そんな母をみていると、なんだかとっても嬉しいの。。
   良いお友達になってあげてね(*^_^*)  
   おっおまぬけ!!
   レオが我が家に来てから早いものでもう2年の月日が流れました。
   レオも3月で5歳になり、すっかり大人になって落ち着きを見せてくれる
   と思いきや・・・・大人になったと言うよりすっかり「おじさん」??
   毎日ぐーたら・・・自分のいびきで目を覚ますなんてこともしょっちゅう・・
   いつぞやは、パパさんの呼び声に立ち上がろうとして、こけた!!
   ばつが悪かったのか、すかさずへそ天でごまかし「なでて!!」と催促
   寝てばっかりで足がしびれたみたい・・・(・O・;   
   神わざ〜〜!?
   またまた予防接種の季節!!
   緊急時を考え近所の病院を検討中だったので、この機会に新しい病院に
   行くことに・・・前日レオに向かい「いいこと、明日体重が35kgだったら、
   おやつ抜きよ!!36kg越えてたら食事1回ね!!」と言い聞かせた??
   当日、朝のお散歩で何故かいつもの3倍は走り回った。
   いよいよ体重測定・・・・なんと、34.94kg〜〜〜0.06kgのセーフ!!
   パパさんは「良かったな〜〜レオおやつもらえるぞ〜〜」と頭をなでていた。
   ちょっと待って、喜んでいいの??体重オーバーに変わりはないよ〜〜
   お医者様にもチョット釘をさされて帰ってきました。(^^ゞ 
  リードははたして誰のため?
   前から感じていて最近確信したこと・・・
   引っ張りっこで遊んでいる時やお散歩の時のリードが私とパパさんで、
   あきらかに違う!!パパさんが相手だと、まるでボスの座を競っているみたに
   レオも真剣!渾身の力で引っ張るのに、相手が私だと明らかに手加減をし
   間違ってもぶんぶん振り回したりしない。。
   リードも同じく、パパさんの時は横について歩き、時々顔を見上げたりして確認
   しながら歩くのに、私の時はちゃんとついて来いよ〜ぐらいの感じで前を歩く
   私がレオをリードしているつもりだったけど、大きな間違い!
   迷子にならないように私をリードしてくれているつもりなんだな〜〜って思う。
   一度迷子になって不安になった時の気持ちがリードで伝わったのかしら?
   道を尋ねていると「帰り道はボクがわかってる心配しないで」と言わんばかりに
   グイグイ引っ張られ、しばらくすると見慣れた通りに出ることが出来た。
   その時も「ここまで来ればもうわかっただろ?」と言う顔で見上げる。
   それ以来、お散歩は私がリードされているのです(笑)
   これが高齢な母になると、また違う一面を見せてくれる
   何度も振り向き、曲がり角ではちゃんとついてきているか母の姿が見えるまで
   待ち、様子を確認しながらゆっくり歩く。
   ある日、何処かの家から逃げてきたのかリードと首輪をつけたままの大型犬が
   低くうなり声をあげながら母に近づいて来た。
   先を歩いていたレオがそれに気付くと私を引っ張るようにして戻り
   身を低くしながら「ウ〜〜ッ」と唸り声をあげ、その犬を威嚇していた。
   私と二人だけのときは、ちょっと吠えられただけで私の後ろに隠れるくせに!!
   すごい!!賢い!!優しい!!ヨッ男の中の男!!(*^^)v
   でも、か弱い私にとっては心境的にビミョウ〜〜
 
  以上2001年5月の出会いから、たった2年で我が家の主になるまでのエピソードでした m(_ _)m
home  2001年〜2003年   2004年   2005年  2006年  2007年